救急車について考える。

救急車について考える。

どこの地域でも防災訓練というものはあるのでしょうか。

いろいろ転勤してきましたが、たいてい学校や地域などで、参加を呼びかけられた記憶があります。

そういえば、うちの子が通う小学校は、防災訓練がないような・・・。

大掛かりなものは声をかけられた記憶がないですね。

消防署の方に質問してみると、このあたりは防災訓練をやっているところはとても少ないそうです。

が、震災で多少なりとも意識する人は増えて、少しずつ、こういう活動が広まりつつはあるのだと言っていました。

「救急車を呼ぶのに躊躇するのだけど・・・」という質問への答えは、最近確かに都市部ではタクシー代わりに、ということもあるのだそうです。

そして、何度もリストカットなどを繰り返して毎回電話をかけてくるお騒がせ常連のような人も確かにいるそうです。

しかし、そういう人でなければ、自分ではどうしようもない、と判断した場合は早めに読んでくれる方がいい、と。

行って、たいしたことなかった、と言うのはむしろ喜ばしいことだそうです。

躊躇して手遅れになった方がこちらとしては辛いから、と。

この地域はお年寄りが多く、かなり救急車が走ります。

田舎なので、山の奥の方に住んでいる人もいて、早めに呼ばないと救急車が到着した頃はかなり時間がたっているということもあります。

これくらいで手を煩わせるのは申し訳ないからとギリギリまで我慢する人もいるということなのでしょうね。

タクシー代わりに電話をかけるモンスターペイシェントに少し見習ってほしいものです。

救急車は必要な時に必要な人が使うもの。

よく分からない理由で呼ばれては、その間に人の命が失われかねません。

そこのところをしっかり考えて、タクシー代わりに使ったり、夜間待つのが嫌だから救急車を呼んで、なんてするのはやめてほしいものです。

お見合いパーティー 銀座

家族で食事

大人になると家族で食事に行くことって減ってきますよね。

一緒に住んでいればたまに行くこともあるでしょうが、別れて住んでいるとなかなか機会がないものです。

昨日、家族で食事に行きました。

最初は、家の近くに最近できた天ぷら屋さんに行こうということでお店まで行ったのですが、ちょうど夕食どきだったからか席が空いていませんでした。

その天ぷら屋さんは、天ぷら定食が800円ほどであり、他の定食も安いので、人気があるようです。

席は、カウンターの席のみになるので、家族で行くと向かい合って食べることはできませんが、安くて手軽に食べることができるからいいか、と言うことで行ってみたのです。

お目当てのお店に入ることができなかったら、次のお店ってなかなか出てこないものですよね。

どこにしようかと言っていたら、家族で食事なんてめったにないことなので、ゆっくり向かい合って食事ができるところに行こうという話になりました。

母が友人から以前聞いたお店でいいお店があるということで、そのお店に行ってみることにしました。

そのお店は、和食のセットで1500円から2000円くらいということで、天ぷら定食に比べると高価にはなりますが、たまにはいいねということで、そのお店に行ってみることにしました。

そのお店に行くと、狭いところでしたが、なんとか空いている席がありました。

料理は、2000円ほどの和食のコース料理を注文しました。

2000円にしては品数も多く、どの料理もおいしかったので、大満足でした。

料理も良かったのですが、家族で顔を合わせてゆっくりと食事ができたことが何より良かったです。

カウンターで食べる天ぷら屋さんだったら、食べてすぐに帰っていたと思います。

天ぷら屋さんが満席だったお陰で家族でゆっくり向かい合って食べることができる時間を持つことができました。

久しぶりに家族で良い時間を過ごすことができました。

名古屋でお見合いパーティー