姉妹でも違う

姉妹でも違う

私と姉は2つ違いで同じように育てられたのに、ことごとく気質が違いますがひとつだけ共通していることがあります。

それはどちらも花が大好きだということ。

私も姉も結婚して数年がたつのですが、お互いに子供もいて、決して楽ではない暮らしぶりのなかでも、どうしても花だけはかかすことができません。

もしかしたら、実家の母が庭に小さな花壇をもっていて、そのお世話に夢中になっていたことや、そのためかいつも家の中に花を飾っていたので、それが無意識のうちに姉妹のなかに残っているのかもしれませんね。

でも、姉の家にときたま遊びに行くと、同じ花が好きでもこうも違うものか、とも思います。

姉は大変スタンダードなアレンジを好み、花屋でかかえるほどの花束を買う贅沢はできない今は、スーパーの安売りの花を買ったり、ベランダ栽培をしてそのなかから切り花をして、部屋に飾っているようです。かすみ草を代表とする、可憐な、そして小さなアレンジを、トイレやテーブルやリビングの棚とか、キッチンにまで、とにかくたくさん、少しずつ飾っています。

実際の花だけでなく、食器なんかも小花模様とか、ヨーロッパのリバティプリントみたいな雰囲気を好んで使っていますね。

私は玄関か、リビングにドカンと飾りたいほうなんです。

スーパーや、最近エキナカなんかに展開している500円で買える花屋さんを使いながら、あとは安い葉ものをドッカーンとたくさんいれて、けっこう野性的な感じにするのが好きなんです。

花瓶もいかにものガラスのものより、ときどき雑誌で見かける洒落たカフェなんかがやっているような、外国製の缶詰を使ったり、普通にデュラレックスのコップにワサっと飾ったりするのが好きですね。

夫は姉の家に行くと「同じ花を飾ってもこうも違うものかねぇ」と不思議がりますが(笑)

対象物が同じだけに違いが余計にわかるのかな。

とはいえ姉とはけっこう仲良しなほうだと思うんですが。

ま、同じように育ったって、結局、選ぶ夫だってまるきり違うわけですから(笑)

でも、なんとなく、姉の家に行くと、うちの兄弟たちもなんでも同じにして育てているつもりだけど、まったく違う個性を伸ばしていくんだろうなぁとふと考えたりしています。

子供同士の怪我

末っ子の1年生が、頬を腫らせて帰ってきました。

途中、先生からも電話があり、どうやら校庭で遊んでいて友達とぶつかったためらしい。

なにしろ1年生ですし、そもそも話があちこちに飛ぶ末っ子の話は要領を得ず、先生のほうも「ちょっと相手の子が突進してきてしまったみたいなので」と言いつつ、あんまり状況を把握していないのかなぁという感じでした。

もし相手の子が怪我をしており、うちの子が悪い状況ならばすぐにも謝罪するのですが、と聞くと、そんなことは全くなく、出会い頭にぶつかった事故に近いものです、どちらかといえば、相手の子が突進してきた感じですからご心配なく、とのことでした。

ところが夜になって、相手の子から電話がありました。

うちの子なんか、相手の子の名前さえハッキリしないというのに、やけに明瞭な子らしく(汗)

うちの子がむやみやたらに走り廻っていてぶつかったみたいなんですよ、と親御さんのほうが、まぁ、すごい剣幕というわけではないのですが、なんとなく、うちが悪いというニュアンスで話すわけです。

うちは上にもふたり男の子がいるし、このテのことにはなれているので、「はぁさいですか」と伺い、でも先生から「出会い頭の事故」だと説明を受けたことなど言うと、向こうは「決してお宅のお子さんに非があるということを押し付けているのではない」と前置きしつつ、どうにも私が謝るまでは電話を切る気配がないのです。

やれやれ、と思いながら面倒だから謝ってしまってもいいかなとふと思ったりもしたのですが、やはり子供同士のケンカで親が納得せずに謝るというのもヘンな話だと思い、「校庭の事故は多いですね、お互い様ですから。もし何か、特に問題があるようでしたら担任の先生のほうへご連絡ください」と言い切って、電話をきりました。

なんとなく、これまでの経験から、こうしたことで相手の家に何か文句みたいなことを言う親は、大抵はすごい剣幕だと思い込んでいたので、最近はこうした微妙に「いえね、別にうちではなんとも思ってはないんですよ、ただ、危険なことですからねぇ」みたいにネチネチッとやる親御さんも多くなってきてるのですかねぇ。

なんだか、どうも釈然としない出来事でした。